仙台へ行ってきた

facebooktwittergoogle_plus

『ザ・フィッシング』の撮影で仙台へ行ってきた。
ボートからのロックフィッシュゲームで、ご協力いただいたのは、「フィッシャーマン多賀城店」の大橋さん。陸っぱりのヒラメやマゴチ、磯のロックフィッシュ、そして今回挑んだボートからのロックフィッシュなどなど、大橋さんの守備範囲は結構広い。その大橋さんとともに釣り船に乗り、ロックフィッシュを狙ったのである。
平年ならベストシーズンのハズらしいのであるが、相手は自然。何でも水温がまだまだ高めで、良型を望むのは結構難しいという話。
ともあれ挑んでみると、数は少ない、アベレージも小さい、とベストではなかったものの、アイナメの50cmやら、タケノコメバルの40cm弱やらが飛び出し、結構賑やかな釣果となった。
放送は、11月下旬。お楽しみに。
その帰りに、仙台市内のちょっとした水路でマブナ釣りとしゃれこんだ。竹の中通しハゼ竿も持参していたので、状況によってはハゼ釣り、ともおもったが、今年はハゼの調子がイマイチらしい。そこで、マブナを狙うことにしたのだった。
小継ぎのタナゴ竿をうやうやしくつなぎ、仕掛けを流してみると、連発に次ぐ連発。ただし、フナは少なく、圧倒的に多いのがクチボソ。フナも、マブナよりヘラブナが多くてややがっかり。
でもまあ、仙台にはまだまだ自然がいっぱい残っていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。