真鶴沖のブリトップ

facebooktwittergoogle_plus

 このところ絶好調の真鶴沖ブリトップ。


 ぼくもあやかろうと、小田原漁港『弘美丸』の午前便に乗船。


 ナブラが出始めたのは、午前8時過ぎ。



(弘美丸の船上。今日は釣り人4人)


 ガバガバッと激しい水しぶきが上がるものの、沈みが早く、なかなか追いつけない。


「いやぁ難しい~」などとぼやいているうち、真鶴港『嘉丸』乗船の釣り人にヒット!


 が、あと一歩のところで、フックアウト。


 次は、小田原漁港『隠徳丸』のミヨシの釣り人にヒット! が、これもファイト中にフックアウト。


 ダブルヒットの隠岐船長は、慎重なヤリトリで8キロ弱を無事キャッチ。




 


 次は、『嘉丸』の大船長が1尾キャッチ。



 最後にようやく、『嘉丸』乗船の釣り人が1尾キャッチ。


 なかなか食い渋った日でしたが、ものすごい数のブリが回遊しているのは紛れもない事実です。



(釣り場はこんなに岸近く。よって海はいたって静かです)


 この日好調だったのは、14㎝程度のシンキングペンシル。


 重要なのは、飛距離が出るルアーを使って、ひたすらスローリトリーブに徹すること。


 ともあれはっきりしているのは、「船頭さんは上手い」ってことですね。


 


 悔しいので、近々リベンジです!


  そういえば昨日の夕方、ヒラスズキを狙って西伊豆へ出掛けてみました。


 ところが、あいにくのベタナギ。



 しつこくゴロタを歩いてみたら、ようやく程度のサラシを発見。



 夕暮れまでしつこく粘っていたら、トップウォータープラグにヒラスズキがバコン! と出ました。


 サラシ不足の日の夕暮れの一撃は、本意ではありません。


 日中の大ザラシで釣るヒラスズキが最高なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。