現実は小説よりも奇なり

facebooktwittergoogle_plus

 今日も、午前中、原稿書きの仕事をして、昼前から東伊豆へ出掛けました。


 釣り場着、午後0時30分。


 北東風が吹いていて、波っ気は十分。


 おまけに濁り潮と条件は完璧。


 その予想通り、 最初のゴロタ場でいきなり2尾、キャッチ&リリース。


 サイズは、60~70㎝。


 場所を替え、次なるゴロタ場で奇蹟が起きた。


 何と、到着するや否や、目の前にトリヤマ。


 『ショアラインシャイナーR50』をキャストすると、すぐに50㎝ほどのイナダがヒット。


 その後も釣れるわ釣れるわ、30分ほどの間におよそ15尾。


 さらに、手前のサラシを狙い撃ちすると、ヒラスズキがヒット。


 しかも、これまた入れ食い状態。


 サイズは、60~75㎝。


 30分程の間に合計5尾。


 いやはや、ぼく自身驚いた。こんなことがあるんですね。もうびっくりです。


 というわけで、今日の釣りは1時間30分ほどで終了。


 夕方から地元で打ち合わせ。


 いよいよいいシーズンになりました。


 ちなみに使用タックルは、


 ロッド:『平狂い』15ft。


 リール:セルテート3000&4000


 ライン:PE1・2号。


 ショックリーダー:フロロカーボン30Lbテスト


 ルアー:『ショアラインシャイナーR50』&『TDペンシル』


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。