カマス~アオリイカ

facebooktwittergoogle_plus

 2011年の釣りは、『磯投げ情報』の連載取材、4日のカマス釣りからスタート。

 釣り場は、下田港。

 造船所あとで結構釣れている、とおもいきや、当日は激渋状態で、日中の釣果はポツポツ程度。

 夕方から入ったぼくは、辛うじて3尾。

 釣り方は、タラシ釣りとルアーフィッシング。

 納得がゆかず、夜釣りに突入。

 と、今度は一転、入れ食い状態。 

 

 

  タラシ釣りでもルアーフィッシングでも、たちどころにヒットしてくる。

 おそらく、日中カマス釣りをしていた人だったら、夜の入れ食いは信じられないに違いない。

 帰宅後、カマスは開いて干物に。

 そして翌日からは、平塚の庄三郎丸にて「ザ・フィッシング」の撮影。

 テーマは、ティップランエギング。

 はやりの釣り方でビシバシ釣ろうとおもっていたのだが、まさかの激渋状態。

 それでも何とか、そこそこ釣れて、無事、撮影終了。

 

これはカメラマンがタックルを撮影しているところ。

正面に写っているのは富士山。

結果は、15日放送の「ザ・フィッシング」をご覧ください。

ということで、4、5、6日と続いた取材もようやく終了。

それにしても、取材の帰りに夕焼けを見れるなんて、陸っぱり取材ではまずないことです。

西の空が火事? ではなく、夕焼け。

ちなみに、浜でロッドを振る釣り人は、エギング? シーバスフィッシング?

前にも言いましたが、大好きな時間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。