石廊崎沖イシダイ不発

facebooktwittergoogle_plus

石廊崎沖へイシダイ釣りに行ってきました。

昨夜エサ屋さんにガンガゼウニを買いに行くと、「1日に5個もあれば十分な状況のようです」とのこと。

水温が低く、エサ取りさえいないというのである。

一応、ウニガラコマセ2体と、ガンガゼ40個を購入。

……エサトリが少ない時は、くればデカイ……と大きな夢を抱いて特級磯「沖の丸島」へ渡礁。

夜明けの船上から見た大瀬の磯群。どこもかしこも魅力的に見える。

 

期待を込めて竿を出す。

正面に見えるのは、「岡の丸島」。ここもまた名礁である。

 

ところが、9時までやってアタリゼロ。イシダイどころかエサトリのアタリさえない。

ウニガラコマセを足元に撒きながらアタリを待ってみたものの、竿先がコツンと震えることはなかった。

北東風が強くなってきたこともあり、石廊崎灯台の西側に位置する「小島」へ移動。ここもまたイシダイ釣り場としては特級に属する。

正面沖に見えるのが、中木との共有磯である「カツオ」。

2本竿でとことん攻めてみたが、やはり、エサ取りのアタリさえなく、終了。

水温18度。

致命的な低水温とは言えないが、この時期にしてはやはり低い。しかも潮が相変わらず濁っている。例年なら、スカッと澄んだ、青い潮が差しているハズなのに……。

ともあれ今日のイシダイ釣りは、完敗。

しかし、それでも、スカッと楽しい1日であった。

 

「石廊崎沖イシダイ不発」への3件のフィードバック

  1. 期待。
    今晩は~
    不発は、残念で次に期待ですね~綺麗な朝焼けですね~

  2. こんばんは
    ホントこの潮の色はいつ戻ってくるのでしょう

    自分は石鯛13連敗です

  3. その昔・・・
    石鯛釣りといえば、小学生だった35年ほど前ですが、鎌倉・坂ノ下堤防の沖に延びるテトラで、サザエ餌で見事な60cm級のクチジロ(石鯛成魚)を釣っていた人を見た事があります。それほど首都圏でも身近で石鯛魚影の濃い時代があったんですよね。生前のウチの親父も逗子マリーナ近辺でカラス貝餌で石鯛を狙っていましたが、ヒットはしましたがとうとう釣れずしまいで諦めてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。