台風18号襲来

facebooktwittergoogle_plus

今晩から明日にかけて、いよいよ台風18号が襲来する。

昨日の夕方、サーフはしばらく釣りないならないだろうから、とルアータックルを携えショゴを釣ろうと、釣友たちと出掛けることになった。

ところが、先着の釣友から「波が大きいので止めた方がいいです」と電話が入り、結局釣り場へは行かず仕事場に舞い戻り作業続行。

仕事場というのは、自宅の近くに構えた「小田原ベース」のこと。まだまだしっかり片付いているわけではないのだが、釣り具部屋兼作業場として、すでに稼働はしている。

ただし、原稿書きのパソコンや釣り関連の書籍・資料などは、はいまだに自宅の書斎にある。最終的に書き物仕事を「小田原ベース」に移すかどうかは、思案中である。

今朝の海は、極端に荒れているわけではないのだが冷たい雨が降っている。<この雨が止んだ直後は、河川内のシーバスが一気に爆発するに違いない>とは、シーバスフィッシャーマンたち共通の認識ではないだろうか。問題は、どの川へ急行するか……、である。

台風18号の後には、19号が続いているから、釣行のタイミングは微妙だ。

それにしても、金曜日のカニエサ五目釣行は、ギリギリの良いタイミングだった。

PA030216

「台風18号襲来」への3件のフィードバック

  1. ああ昨日の夕方サーフは人がいなかったですねw
    おそらくみんな波が高いと思われてたんでしょうね。
    まあ実際釣れそうな雰囲気ではなかったです。
    酒匂サーフもひとがいなかったですね。
    まあ国府津付近の青物は・・・ですかね~酒匂が濁れば魚道遮られますし・・。だいたい青物は10月すぎると西湘の東側がイナダ調子よくなってくるんで酒匂の濁りとれればいいんですが・・台風2連発ってかなりの事態になりそうですね。

  2. こんにちは~
    釣行予定でも安全第一で取り止めるのが大事ですね~

  3. こんにちわ!

    このカニは岩の隙間の奥深くにいるカ二ですよね?
    捕まえるには大変だと思いますが、このカニを一時間で200匹採るとは村越さんは只者ではありませんね~!
    同時に伊豆半島の自然の豊かさに敬服してしまいます。

    台風が去って、海が落ち着いたら私もチャレンジです!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。