4月は新年度の始まり

facebooktwittergoogle_plus

昨日から、いよいよ4月の始まり。

暖かい日が続き、夜桜見物に出かけた人も多いのではないでしょうか。

家から至近の造幣局周辺の桜も、数日前から満開です。

春は、渓流釣り解禁。家から30分ほどで行き着ける芦ノ湖へも、ちょこちょこ出掛けています。

今年は暖かいせいか、湖畔の猫柳も成長が早いように感じます。

ただし今年は、花粉の当たり年。箱根へ行っても、伊豆半島へ行っても、真鶴半島へ行っても、とにかく花粉の飛散が気になってしまいます。

当然、魚たちの活性も上がり気味。

今年の芦ノ湖は、ブラウンの魚影が極めて濃い。

従って、昨年良かったポイントでは芳しい釣果があがらず、釣行の度にあちこち釣り歩きながら釣果を上げている状況です。

そしてもう一つ、ライターとして電子辞書を新調しました。

以前は、もっぱら紙の辞書を愛用していたのですが、数年前から電子辞書を活用し始めています。理由は、いくつもの辞書を片っ端から調べることが出来るため。

昨年まで使用していたモデルとの違いは、広辞苑第7版が取り入れられていること。第7版の改定に当たり、微力ながら釣り用語で協力させていただいたこともあり、どうしても第7版の入っている辞書が欲しかったのです。

左がこれまで使っていたもので、右が新調したもの。

画面や使い勝手はほぼ同じなので、新たに使い方を覚えなくてもよいのが嬉しいところです。

今週も、積極的に現場へ出てゆこうとおもっています。

磯から狙うカサゴ釣りの様子も近々のうちに、正海チャンネル(YouTube)にアップする予定なので、そちらもお楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。