岩手県のシーバスチャレンジは今年も玉砕

facebooktwittergoogle_plus

結局、岩手県のシーバスは釣れませんでした。
また来年の5月ごろチャレンジしてみようとおもいます。

ところで、ブログって、見た人から意見が寄せられるんですね。あたりまえのことかもしれないけれど、改めてびっくりしています。

基本的には、一人一人のご意見に返事を出すことは出来ません。まことに申し訳ありません。
でも、時には返信を書かせていただこうとおもってます。

ライトジギングにお勧めは、「ソルティガ・ドラド60S」。本来キャスティング用ですが、ジギングにも十分使えます。5キロ程度の青物には最適でしょう。その際のラインは、PE1・5号。ショショックリーダーは、40ポンドテスト。
ベイトタックルの場合は、「ベイジギングXH」。いわゆるブルーバッカーと呼ばれているロッドが最適です。これまたラインは、PE1・5号。
まっ、参考にしてください。
ちなみに10月早々に、ぼくも玄界灘のライトタックルジギングに出かける予定です。

それと、車の件で助言を頂いた同年齢の機械屋さん。ありがとうございます。確かにボルボは丈夫そうですね。一応候補として考えています。何はともあれ、ランクル130の発売が待ち遠しいなぁ。

ではでは。台風17号はどんな進路をたどるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。