ヒラスズキ転じてカサゴ・ムラソイ

facebooktwittergoogle_plus

月曜から出かけた九州は、ベタナギ。ヒラスズキ用ロッド「平狂」はついに出さず終い。代わって活躍してくれたのが、7・5ftのシーバスロッド。
ワームでカサゴとムラソイを釣りまくったというわけ。
出かけたのは、平戸島。
と、伊万里湾の青島。
いやはや、長崎県あたりの島は、どこへ行ってもカサゴ・ムラソイの魚影が濃いこと濃いこと。
ヒラスズキだって同じなんだけど、条件が揃わなければ手も足も出ない。
自然には逆らえませんからね。

さて、明日からは、沖縄。
明日はキス釣り。
明後日は、パヤオの大会。狙いは、キハダにメバチってとこですかねぇ。
そして、最終日はLTタックルでの深海釣り。
何度もやってるから不安はないけど、フィールドが沖縄っていうのは初めて。
水深500メートルのエサ釣りって、何がつれるか楽しみだよなぁ。

そうそう、今年の『ドルフィンバトルin小田原』の開催は、7月30日(日曜日)に決まりました。
詳細は追って発表いたします。ふるってご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。