ゴロタ歩き~ムラソイ

facebooktwittergoogle_plus

運動がてらの歩きを冬の恒例としている。

山へ行ったり、砂浜へ行ったり、川辺を歩いたり……、そして時には、ゴロタ場を延々と歩いたりもしている。

今日も午後からゴロタ歩きをしてきた。

そんな時には当然のことながら、何かしらタックルを持参するのだが、今日持参したのは、メバル&ムラソイタックル。

瀬戸内海では日中でも普通に釣れるメバルが、伊豆半島ではなぜ釣れないのか……。

過去何度かは、夕方の時合にメタルジグで入れ食いになったことがあった。

しかし、通常はさっぱり釣れない。

それでも懲りずに、繰り返し試しているのだが、今日もまた、メバルは見向いてもくれなかった。

そんなときに癒してくれるのが、ムラソイ。

水温の低い冬は、ミノーでというわけにはゆかないけれど、ソフトルアーなら1年中釣れる。

今日も、1時間ほどで15尾程度がソフトルアーに飛びついてきてくれた。

色の違いは、隠れている石の色の違い。保護色、ということです。

アベレージサイズは15~20センチ。

本日の最大魚は、25センチ程度。

ただし、季節がらか痩せていました。

 ↓ 釣り場は、こんな感じ。どこにでもあるゴロタ場なので、皆さんも魚探しをしてみてください。

 

冬の空は空気が澄んでいるため、くっきり爽やかで抜けるように青い。

 明日も天気はうよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。