眠らなくて済んだらよいのに

facebooktwittergoogle_plus

昔、子供の頃、「眠らなくて済んだらどれほど幸せだろう」と思っていた。
起きて、好きなことをやったり、活動していることが楽しくて仕方なかったのである。
そして今、午前3時半に、やはりそう思っている。
原稿書きの合間に観始めてしまった、音楽DVDブがやたら楽しい。
このまま寝ないでいられたら、このまま眠くならずにいられたら、と心底おもった。
そして、昔を思い出した。
夜明けになったら海へ出て、冷たい空気を胸いっぱい吸い込む。
そして、再びパソコンに向かって原稿を書く。
釣りの楽しさが伝わるように。
釣りの楽しみが伝わるように。

寝ずに生きられたらいいと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。