新幹線の旅

facebooktwittergoogle_plus


  


「旅」というほどではないですが、月曜日の夜、新幹線で広島へ行き、今日帰ってきました。
目的は、「ザ・フィッシング」の撮影。対象魚はタチウオ。ベイジギングタックルで指3本から5本がビシバシ。釣り場には、松山方面からのルアー船も皆来ていて、海の上で手を振ったり挨拶したりと賑やかでした。放送は、2月17日の土曜日です。ご覧下さい。
広島方面に在住の方は、当日同行してくれたルアーショップ「Feed」の堀江さんに(ヒットルアー等)詳細を聞いて、放送前にどんどん出かけてください。放送後は船も混むかもしれないし……。
広島からの帰り。日中の新幹線で車窓を眺めていると、彦根あたりのあちこちにフナの釣れそうないい川がいくつも目に付いた。今度その方面へ車で出かけるときは、ちょいと寄り道してみようなんて思ってますが……。
映画「寒川」を観てきました。手付かずの自然、古い山村、新緑、豊かな水の流れ、そして地に足の着いた人々の暮らし。春になったらフライロッドを手に山へ入り、ヤマメやイワナを釣りに出かけようと、なぜか強く思いました。やっぱり釣り師だなぁ。そういえば新幹線からの車窓の風景の中にも、コンクリートで固められてしまった小川や、汚れきった水の流れている川、ブルドーザーがかき乱している川などがいくつも目に付きました。 日本の自然は近い将来全くなくなってしまうのではないか、と心底心配になってしまいました。風景や自然環境が荒んでくれば、人間の心も荒んでしまうような気がしてなりません。
早く春になって、天気の良い日に、巣離れブナを釣るのが楽しみです。 その前に、シーバスをもっともっと釣らねば! メバルも。マダイも。メジナも。ウミタナゴも。ワラサも。シロギスも。カワハギも。サワラも。ヒラメも。アオリイカも……。むむっ、のんびりなどしてはいられません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。