昨夕の酒匂海岸は沈黙

facebooktwittergoogle_plus

 日中、小八幡海岸でシロギスが好調だったことに気をよくし、夕方は酒匂海岸へ投げサビキツリに出かけた。ターゲットは、アジ。ところが、昨夕は全くア不調で、ワカシのナブラもサバのナブラも全くナシ。夕暮れになってようやく、小サバと小アジが釣れた程度。これって、午後の地震(震度4)の影響だろうか。
 沖では相変わらずカツオとキメジが絶好調の様子。30キロクラスのキハダをルアーでヒットさせたものの、しばらくファイトをしてやられた、と某船頭さんから電話が入った。
 来週は、でっかいキハダねらいで船にのってみようとおもう。
 今日の午後は、どこかの海岸へシギスねらいでちょこっと行ってみるつもり。

 そうそう、今日の「ザ・フィッシング」をぜひぜひご覧下さい。本編は、大塚貴汪さんの函館カレイ釣行。そのあとに数分間くっついている「フィッシング・ジオ」で、酒匂川のテナガエビ釣りで登場します。
 水中映像満載。テナガエビがエサをついばむシーンは必見!
 面白いこと間違いなし。撮影地は、酒匂川の国道下。まだまだいけますよ。

 ついでに告知しておけば、来週(16日)の放送では、沖縄のタマン(ハマフエフキ)釣りに登場します。海岸からのぶっ込み釣り。その仕掛けになんと、17キロのGTがヒット。暗闇のヤリトリは、それなりに迫力があるハズ。迫真のファイトをお楽しみ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。