イシダイ釣り

facebooktwittergoogle_plus


今、外は土砂降り雨。小田原にまとまった雨が降るのは実に久し振りのことです。


日中はまずまずの天気で、今日は真鶴半島へイシダイ釣りに行ってきました。釣り場は、先端東側の氏崎。おそらく、真鶴半島の中では、もっとも竿下の水深が深い釣り場でしょう。おまけに、足場も高いので、高所恐怖症の人には不向きです。


この場所を選んだのは、東から上り潮が来るだろうと予想してのこと。その予想が見事に当たったまではよかったのですが、釣果は、ゼロ。まあ、イシダイ釣りにゼロはつきものですからなんとも思いません。


それより、お気に入りのタックルを出し、お気に入りのエサ(オニヤドカリ)をつけて投げ込んでいれば、それでもう満足です。 



これがオニヤドカリです。サザエの殻の中に入っている大きなヤドカリは、イシダイの大好物。それでダメなら諦めもつくってものです。



磯の上にはこんな花(ユリの一種でしょうね)がたくさん咲いていました。


青い海に向けて竿を出し、新鮮な空気をたくさん吸って帰ってきました。


明日は、ルアーを携え、沖に出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。