キハダ痛恨のバラシ

facebooktwittergoogle_plus

本日、小田原漁港よりキハダねらいで出船。
始めてすぐ、エビングでキハダがヒットしたものの、ナント、ハリスのすぐ上でブレイク。どうやら、でっかいキハダにハリを飲み込まれてしまったらしい。
ネムリバリを使っているのでそうそう飲み込まれることはないのだけれど、きっと、30㎏を超す大物だったのでしょう。
相模湾のキハダも、いよいよ40~50㎏クラスが多くなってきたので、それなりの対応を考えなければいけませんね。
ともあれ今日は、痛恨のバラシ。

それと、今週の「ザ・フィッシング」は、庄三郎丸でのキハダ狙い。
エビングで25キロキャッチのシーンをお見逃しなく。
特に、エビングのしゃくりが分からない、という人は、必見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。