東京湾メバル

facebooktwittergoogle_plus

昨夜は木更津の「宮川丸」さんにてメバルの夜釣りに出掛けました。
釣り雑誌『ソルティ』の取材で、ソフトルアーの釣り。
心配された南西風も、船頭さんの場所選びのお陰で全く感じないまま快適なメバル釣りが楽しめました。

何と、明るいうちから怒涛の入れ食い。サイズはちょっぴり小さ目でしたが、それでも20㎝級交じりでガンガン釣れる。「いやぁ、ゴロタのデカメバルもいいけど、やっぱり手軽なメバル釣りって貴重だよね」などと言いつつ、ただひたすら入れ食いを楽しんでしまいました。

出船17:30で沖揚がりが21:00も丁度よい。長すぎず、短すぎず。
ともあれ、「スカッ」とできた釣りでした。好釣果に恵まれず、モヤモヤしている人には絶対オススメ。船上には明かりが灯っているため、懐中電灯持参の必要もなし。

スピニングタックルと少々のジグヘッド、ソフトルアーを持って「宮川丸」に急行するべし! 近くの長浦港からは「こなや丸」が同様に出船している。両船の船長同士はとても仲がよく、頻繁に情報交換をしているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。