夜釣りのバラムツ

facebooktwittergoogle_plus

昨夜は、久し振りに沼津の「勘七丸」でバラムツ釣りに行きました。大船頭の操船で、薄暗くなる頃に出船。大船頭の船に乗るのは10年以上ぶりのこと。色んな昔話を聞かせてくれました。


肝心のバラムツは、ポツ~リポツリ。出船時に吹いていた南西風はやがて収まり、のんびり楽しい船上でした。


その夜(朝)はそのまま沼津に泊まり、ゆっくり起きて帰ってのですが、途中、狩野川河口左岸の我入道海岸を覗いてみました。



快晴無風。暖かな、のんびりした空気の中で、投げ釣りをしている人が2人。釣果の程は分かりませんが、そろそろシロギスが接岸してくるころですね。


 


沼津港内には稚アユがたくさんいましたから、きっとシーバスも入り込んでいるのでしょう。狩野川大橋から望む狩野川の流れが、学生だった頃を思い出させてくれました。その流れに夜な夜な立ち込んで、シーバスを釣っていのです。


一時は係船に覆われ、ルアーなど投げられなくなっていましたが、現在の岸辺はすっきりしています。どこからでもルアーが投げられそうです。


久し振りにシングルハンドロッドで狩野川のシーバスを釣りたい衝動に駆られてしまいました。夜も暖かくなってきたので、近いうちに狩野川へ出掛けようとおもいます。明日もよい天気になりそうですが、原稿書きに追われそうです。


明後日は船釣り、金曜日からは沖縄へ飛びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。