今週土曜日の『ザ・フィッシング』

facebooktwittergoogle_plus

 今週末の土曜日午後5時30分(テレビ東京・テレビ大阪系列)に放送される『ザ・フィッシング』にて、話題の「ひとつテンヤのマダイ釣り」が登場します。


 出演は、ぼくと、元バスプロの宮本英彦さん。


 スピニングタックル、道糸PE0・6号、という本当の意味でのLT(ライトタックル)。


 時期的に釣れるマダイは小型ですが、マダイの入れ食いというシーンをご覧ください。


 水温が下がってくれば、サイズはグッとよくなるのでより楽しくなります。今回使用したそのままのタックルで、大型マダイとも渡り合えます。


 もう何年も前から提案し、進めてきた沖釣りにおけるLTゲームを、ようやく『ザ・フィッシング』でも紹介できたってことが嬉しいですね。


 もちろん「ひとつテンヤ」だけでなく、「コマセマダイ」釣りでも、ず~っと0・6号でやっていますがトラブルは皆無。


 他にも、水深100mを超すアマダイ釣りも、スピニングタックルとPE0・6号(最近は0・4号も使っています)の組み合わせ。


 水深200mのオニカサゴ釣りも0・6号。


 さすがに300m以深のキンメやアコウ釣りには0・8号を使っていますが、そんな、LTゲームをテレビ上でもっともっと紹介してゆきたいんですけど、なかなか難しいのが現実です。


 ともあれ、2年ほど前から目論んでいた「ひとつテンヤのマダイ釣り」が、ようやく『ザ・フィッシング』で放送できたことは、実に嬉しいことであり、大きな一歩であろうと喜んでいます。


 ぜひぜひご覧ください。


 そのマダイ釣りロケの際の写真を少々。(釣りのシーンは番組でご覧ください)



 船長にリクエストして連れて行ってもらったのが、以前にも行ってすっかり気に入ってしまったこの店。


 まず、本格的な寿司があります。絶品ですよ。



 そして、これがなんたってユニーク。



 コンロの上にスコップ。手前は肉。


 それがこうなります。



 ジャーン! なんとスコップを鉄板代わりにしているのです。


 その発想が素晴らしい! すっかりお気に入りの店になってしまいました。


 場所は、大原の街中です。探してみてください。


 ついでに写真をいくつか。



 これは、宍道湖。シジミ……ではなく、シーバスが脳裏をかすめます。宍道湖の下流に続く中海では、そろそろシーバスが騒いでいるのではないだろうか。


 気になるところです。


 そして、



 これは、真鶴半島で見つけた看板。


 「魚つき保安林」


 まあ、何より、自然の中で釣りをしたいって常日頃からおもっていますから、理由はともあれ、木々茂っているのは嬉しいことです。


*ヤップ島で使用していたタックルですが、PE3号には『ドッグファイト76』、PE4号には『ソルティガドラド80TN』です。局のホームページで、間違いありません。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。