キャスティズムカワハギ

facebooktwittergoogle_plus

 自信満々に出掛けたキャスティズムカワハギ、すなわち投げカワハギですが、予想外のうねりに阻まれ目指す地磯には入れず。ならば、と入った磯では、気配濃厚ながら、まだまだ水温が高いと見えて、ベラの猛攻!


 仕掛けが着底するやいなや、ガガガッときて、クルクル回りながら上がってくる。


 正体はことごとく、オハグロベラのなぜか雌ばかり。



 さすがに釣りにならないため、場所移動決定。


 行き先は、網代港南側の波消しブロック帯。


 ところが、ここでもまた、オハグロベラ雌の襲撃にうんざり。


 それでも、うす暗くなるまで粘っていると、珍客が登場。



 キャスティズムでメジ名が釣れたのは、確か、初めて。


 ちなみにエサはアオイソメでした。


 相変わらず不調を引きずっています。


 この不調がいつまで続くのか、なんだか自分でも楽しみになってきました。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。