投げ釣り師にも「かんたんリーダー結び」

facebooktwittergoogle_plus

 実はこのテーマ、先日一度アップしたのですが、ちょっとした手違いで消してしまいました。そこで、もう一度。


 投げ釣りにおける力糸、すなわちテーパーラインと道糸との接続は、多くの投げ釣り師が電車結びに頼っている。


 しかし、ご存知の通り、電車結びは結び部分の強度が極端に低下してしまう欠点がある。


 そこでぼくなどは、いったんビミニツイストでダブルラインを作り、そこにセイカイノットでテーパーラインをつないでいる。


 これは抜群に強く、手早く結べるのが最大のメリット。


 ただし、テーパーラインがないと、出来ない。


 そこで、「かんたんリーダー結び」を使って、道糸に直接PE5号をつないでみたところ、これが意外にも良好。


 強度がセイカイノットを上回るのは間違いないうえ、太いPEに直接つないでもすっきり収まるのが嬉しい。


 この結びを使えば、0・4号程度の道糸でも、直線強度がそのまま生かせるため、投げ釣りに使用しても全く心配はない。


 唯一の欠点としては、根掛りした際、結び部分が弱くなっていないため、どこで切れるか分からない。


 まあ、それほど強い結びになるってことですね。


 興味のある方は、一度試してみていただきたい。



 つなぎ部分の仕上がりは、こんな感じです。



 これが「かんたんリーダー結び」です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。