地磯のメジナ

facebooktwittergoogle_plus

 昨日は強風で船の取材が中止になったため、夕方から急きょ磯へ……。夕マヅメのメジナ狙いでした。


 釣り場は真鶴半島の白磯。干潮狙いで出掛けたものの、予想外のうねりがあって、目的の釣り場へは入れず終い。やればやれないことはなかったんだけど、遊びの釣りで無理をしてもしょうがないものね。


 勝負は、暗くなってウキが見えなくなるまでの1時間ちょい。ハリス2・5号、ハリはグレ7号。エサは、オキアミ。


 釣り始めて20分ほどで、30㎝弱がヒット。


 さらに、33㎝、35㎝がきて、ついに38㎝。


 まずまずってところですね。おそらく若干のうねりがよかったのでしょう。


 暗くなったところでいったん車に戻り、メバル釣り場探しで、夜の海岸を徘徊。しかし、うねりが邪魔をして、思うような釣り場には入れず。そのまま終了。


 地元でいつでも行ける場所なので、また、改めて足を運んでみることにします。


 ところで、コメントを書き込んでくれた「海人」さんの「Msリグ」って気になりますよね。しかも、ホームグラウンドが下津井ですって。いやぁ、なんだかまた下津井沖の磯へ行きたくなってきましたよ。


 あの激流、あのシーバスの魚影、おそらくメバルの魚影も濃いのでしょうね。なんたって、瀬戸内海ですものね。いやぁ、凄そうですね。


 それと、「ザ・フィッシング」の中で写った手袋は、医療用の薄いやつで、知り合いから「試してみて」と渡されたものです。いろいろなシチュエーションで試してみた結果を、いずれお知らせいたします。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。