縮尺2/3PENのフックサイズは

facebooktwittergoogle_plus

「巨大GT&キハダ釣りたい大会」に参加していただいたみなさんから、感想等たくさんいただきました。ありがとうございます。いつものことですが、オプション日は爆釣だったようで……、GTのダブルヒット、38キロのキハダがトップに、等など。え~い勝手にしやがれってな盛況ぶりだったようですね。


まあ、大会っていうのはそんなモノです。皆で一斉にワワッと攻めるわけですから、魚だって驚いちゃいますよね。とはいいつつ、悔しいから近々もう一度久米島へ出かけようかなんて考えてます。


ところで、コメントでいただいた、『縮尺2/3PEN』のフックサイズですが、想定は、前後ともに3/0です。


ただし、前3/0、後ろ4/0なんてアレンジをすると、ただでさえよく飛ぶルアーが、なお一層飛ぶようになりますから、色いろ試してみていただくのがよいでしょう。


テールフック1本という使い方も、青森方面のクロマグロねらいでは実績があがっているようです。


その場合は、4/0か5/0。水面に浮かべて、浮力が残るかどうかってあたりの微妙な調整が最適のようです。


ともあれ、釣りに終着点はないし、釣り方における終着点もありません。相手が大物となれば、何よりも、試行錯誤こそが楽しみになりますよね。みんなであれやこれや、考えてゆきましょう。


ところで、先日『ソルティ』の取材で出掛けた島根半島ですが、境港にこんな店がありました。(当然、地元の方に教えていただいたのですが)


最終日に訪れてみると、地元の方々に大人気。理由は、安くておいしいって事でしょうか。この方面へ出掛けた際は、一度立ち寄ってみてください。



そして、次の写真は、『ソルティ』編集部の山本晶記者。今現在、ぼくの取材を担当してもらっているのですが、釣り大好きにもかかわらず、いつも、道具の持参は一切なし。そこで、シーバスねらいが早々に終了した後で、一緒にメバル釣りを楽しみました。でかい身体(2メートルをちょっと欠けるぐらい)で器用にチョコチョコやって、めでたく2尾をゲット! 写真の2尾目は、26センチの青メバル。体高ばっちりの良型。山本君が持つとそうは見えないかぁ。


ともあれ、ぼくの取材には、この顔がいっしょにお邪魔しますので、とくと、覚えておいていただきたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。