かかり釣り

facebooktwittergoogle_plus

 「かかり釣り」という独特の釣りがある。


 主にクロダイをターゲットとした釣りであるが、他にも色々な魚が釣れる。


 昨日、千葉県の勝山にある「勝山かかり釣りセンター」を訪れクロダイ釣りに挑んだ。


 数日前には奄美大島でポッパークロダイ、数日後には、ダンゴ釣りでまたまたクロダイ釣りをすることになったのである。


 ここのクロダイ釣りは、港から曳き船でポイントまでゆき、あとは終了時刻まで同じ場所で釣り続けるというもの。



 出船前のひと時は釣り人同士、もちろん釣り談議に花が咲く。


 そして、順番にエンジン船に曳かれて釣り場へ向かう。



 この日の釣り場は、浮島近くのイケス周り。


 


 釣果は……、でっかいボラばかりでした。


 もちろん、クロダイを釣りあげている人もたくさんいました。


 「1年中こればかりやっています」なんて人も。


 毎年1度は、とおもいつつなかなかコンスタントに出来ないのが悩みですが、近いうちにもう一度リベンジを果たしたい……。


 それにしても、やりたい釣りがたくさんありすぎて困ってしまう。


 大原の大鯛も好調に釣れているようだし……。


 早くも相模湾のカツオ釣りが始まったことだし……。


 


 


 ところで、カヤックで海に乗り出すというのは、やはり慣れないと不安がつきまとうもの。


 その点については、カヤックの種類が色々あって、きわめて安定のよい種類もありますから、まずは専門ショップにて聞いてみるとよいでしょう。


 しかし、やっぱり波のある海へ釣りのために乗り出すのは危険極まりない。


 カヤックはカヤックであって、釣り用のボートではありません。


 夏に、ベタナギの日に限って海に乗り出したい、というのが本音です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。