ン年ぶりの手こぎボート

facebooktwittergoogle_plus

 昨日は未明から伊豆半島、そして今日は金田湾、と連日早起きが続いています。


 今日の金田湾は、何と、手こぎボートでのシロギス釣り。『磯投げ情報』誌の取材です。


 それにしても、100%人力でのボート釣りはいったい何年振りのことか。ン10年振りって可能性もある。


 ともあれ、エッチラオッチラこぎ出すと、これが意外にも楽しい。


 どんどん、どんどん沖にこぎ出して、アンカーをドボンと入れ、釣り開始。


 いやぁ、相変わらず金田湾のシロギスは魚影が濃い。


  釣りに夢中になりすぎて、写真はないが、村越正海のボートこぎを見たい人は、6月25日発売の『磯投げ情報』をご覧ください。


 というわけで、チョイ前の『釣り情報』誌に続いてまたまた金田湾でシロギス釣りをしたってわけです。


 そして、明日もまた、金田湾。


 これは、毎年恒例となった「和竿でシロギスを釣る会」への参加のため。


 週末には、投げのシロギス釣り大会にも参加する予定なので、今週は、シロギス三昧。


 大会と大会の間は、熊野川でノボリ(サツキマス)釣り。


 オゾンたっぷりの深山幽谷は、身体と精神の保養に最適です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。