荒川屋シロギス大会~五島列島

facebooktwittergoogle_plus

 19日の日曜日は、毎年恒例の荒川屋シロギス釣り大会。


 ゲストで呼んでいただいて以来、選手として毎年欠かさず参加し続けている。


 大会とはいっても懇親会のような気楽さがあり、和気あいあいとした雰囲気が気に入っている。


 今年の成績は……、45尾(1・5キロ弱)を釣って14位。今年は良型がずいぶん多く交じったのが印象的だった。


 数釣りも楽しいが、良型が交じるともっと嬉しい。


 「汐よし」作のシロギス釣り用和竿を使い、早坂良行さん(「汐よし」作者)の隣で釣る、といった贅沢な1日だった。ちなみに早坂さんは59尾を釣り堂々の5位。さすがですね。


 


   (左端に写っているのが早坂さん)


 


 閉会後、羽田空港へ向かい空路博多空港へ飛ぶ。そこからレンタカーで佐世保へ向かい、11時過ぎにホテルにチェックイン。


 よく朝のフェリーで上五島へ渡る。


 目的は、ヒラスズキ釣り。


 が、待っていたのは、ベタナギの海。


 


 それでも、五島列島の豊かな自然がぼくを楽しませてくれる。


 


 


 


 


 


 


 豊かな自然があるっていうのはいいものですねぇ。


 


 それでも粘りに粘って、本命を釣りあげました。


 


 他にも、イナダ(2~3キロ)が4~5尾。


 青物の魚影はすこぶる濃いようでした。


 23日夜12時近くに帰宅。


 


 24日は、銀座某所で小規模な<釣り好きの会>が催される。


 


 今年も余すところ、今日を含め8日。


 なんとなく落ち着かない。


 やり残したことはないか……。……。……。


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。