大晦日の小田原FM

facebooktwittergoogle_plus

 昨日の夕方、飼い犬を連れて久しぶりに酒匂海岸へ散歩に出掛けた。


 このところめまぐるしく動いていたため、家の前の浜へ出る機会が少なかったのだ。


 午後4時半。


 浜へ出ると、冷たい北西の風が吹いていたものの、強風と言うほどではない。


 波は大きめだったが、沖には多くのトリが飛んでいる。


 


 ↑(コンパクトカメラの写真では見づらいですね)


 さらに、初島方向、真鶴半島の沖合に、巨大なトリヤマが立っているのが見えた。


 


 ↑(これでもやっぱり見づらいですね)


 北西の風に吹かれながら、30分ほど観察していたが、消える様子はない。


 「あのトリヤマの下では、ワラサやブリがボイルしているんだろうなぁ」


 そんなことをおもいながら、帰宅し、着替えて小田原FMへ向かった。


 明日、31日午後7~8時放送の「ビッグフィッシュ」という番組収録のためだ。


 大晦日の午後7~8時にラジオを聴いている人なんて本当にいるの? と疑問におもうものの、考えてみれば、その時間帯に車を運転している人もいるだろうし、遠く海外からインターネットで聞いてくれる人がいるかもしれない。


 しかも、スタジオへ向かうタクシーの運転手さんも、「いつも小田原FMを聞いています」と言っていた。ならば、大晦日の営業中は、「ビッグフィッシュ」を聞いてくれているかもしれない。


 というわけでモチベーションをあげ、収録に挑んだ。


 収録メンバーは、MC の村上さん、ミキサーのハリー君、そしてぼく。


  さらに、大晦日の放送を盛り上げるため、日ごろお世話になっている小田原漁港の釣り船の船頭さんたちにも来てもらった。


 「弘美丸」の湯川幸次船長、「隠徳丸」の隠岐満俊船長、「平安丸」の小林哲郎船長、「隠居丸」の朝倉義勝船長、の4人。


 収録中にぼく自身が、「船頭さんたちの話は面白いなぁ」と何度もおもった。


 船頭さんたちのホンネって、なかなか聞くことはできないですものね。


 4隻のうち、「隠居丸」だけは仕立て専門。釣りものは、「お客さんの望むものなら何でも対応します」とのことなので、数人で出掛ける場合はおすすめです。問い合わせは、船長の携帯電話(090-3043-5398)に直接お願いします。


 その他の船については、各船宿のホームページをご覧ください。


 


 


 ↑(ぼくの大好きな瞬間。箱根山に日が隠れる時の風景)


 


 ↑(そして、その時間帯の東の空も大好きです)


 


 今年も残すところあと2日。


 今年1年間、当ページをご覧いただきありがとうございました。


 2011年も、どうぞよろしくお願い申しあげます。


 


 では、よいお年をお迎えください。


 2010年12月30日    村越正海


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。