スピニングアマダイ

facebooktwittergoogle_plus

 今シーズン初のアマダイ釣りへ行ってきた。

 船宿さんは、平塚の「庄三郎丸」。

 釣り方は、スピニングタックルのライトスタイル。

 もう何年もの間、アマダイ釣りはスピニングタックルで挑んでいる。

 今回使ったロッドは、『MCゲーム』。

 これまではメバルロッドを使うことも多かったが、一つテンヤマダイに使えるようロッドなら安心。

 おすすめは、船のシロギス竿。

 リールは、『セルテート2500』。

 ラインは、PE0・4~0・6号。

 リーダーは、フロロカーボン2・5号。

 オモリは、シロギステンビンにタングステンの25号。

 仕掛けは、ハリス、モトス共に3号の2本バリ。

 ハリは、チヌ3~4号か、マダイの8~9号。

 エサは、オキアミ。

 1年ぶりのアマダイ釣りは、実に楽しい。

 

 まずは、イトヨリが登場。これもまた、よい引きをしてくれる。

 そして、お次はアマダイ。

 

 結局、本命のアマダイは4尾。

 船中の最高は、6尾が2人。

 手軽に挑めて、引きが強い! ということなし。

 ただし今日は、午前10時過ぎから西風が吹き出した。

 

 それでもなんとか終了時刻まで釣りができたのは不幸中の幸い。

 近いうちにまた出掛けたい釣りのひとつである。

 

 今晩は、遅い新年会。

 そして明日は、富士山の麓でワカサギ釣りの予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。