改めて種子島

facebooktwittergoogle_plus

ただ今、種子島より帰宅しました。

釣果は、先に書いたとおりです。ヒラスズキの写真は、後日アップいたします。

今回の釣行は、元々、五島列島の予定でした。

しかし、釣行前日に天気予報を見てみると、どうみてもサラシが期待できない。

吹く風は、東より。

そこで、思い切って行き先を種子島に変更。種子島なら、東風が吹けばサラシが出るだろうと予想したわけです。

で、到着してみると、まずは予想通り、

ベタナギ。

そこで、ナギでも比較的釣果の上がる、サーフへ。

まあ、こんな感じです。

 

ビデオ制作用に、その様子もカメラに収めます。

で、写真で見る正面奥のゴロタ場でルアーをキャストしてみると、小型ながらヒラスズキがヒット!

いやはや、分からないものですね。

チャレンジしなけりゃチャンスはない! ってことでもあります。

そんな数日間を過ごし、粘りに粘った末に、好釣果をあげることができたのですから、言うことはありません。

着々と、着々と、『シーバスDVD』(「正海流シーバスフィッシングの全て」)ヒラスズキ編の素材が集まっています。

ところで、

どこの砂浜にでもありそうな、どうってことのない細流。

その、細々とした流れが、砂浜をキャンバスに何とも美しい画を描いていました。

もちろん、砂上の芸術でありますから、数時間後に満潮となって波が被れば消えてしまいます。

そしてまた、異なった画が描かれることでしょう。

自然を観ていると、飽きることがありませんね。

 

明日は、伊豆半島でヒラスズキ釣り。

ホームグラウンドのヒラスズキは、果たして微笑んでくれるのでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。