投げ釣りグランドスラム達成

facebooktwittergoogle_plus

 日曜日の午後3時過ぎに、小八幡海岸へ出掛けた。

 まずは、投げのシロギス狙い。

 すでに竿を出していた釣友に尋ねると、「ヒイラギならいっぱい釣れる」とのこと。

 ならば、と頑張って遠投。7色半位のキャスト。サビキ始めるとすぐにアタリがあり、巻きあげてみると良型のシロギス。

 さらに、同じ距離を攻め続けると、コンスタントにシロギスが釣れる。

 やがて目の前にイワシナブラが近づいてきた。

 そこで、投げサビキに換え、シコイワシ数尾をキャッチ。

 再びシロギス仕掛けに換え、投げると、なぜかシロギス仕掛かけにサバが食いついてきた。

 シロギスも相変わらずよく釣れる。

 シロギス、シコイワシ、サバ、とくれば、残すはアジ。

 で夕暮れより再び投げサビキ仕掛けに換える。

 周囲でポツポツ釣れているのになかなかヒットせず、もはやこれまでか、と諦めかけたところでブルルルッときた。

 7時25分に待望のアジを釣り、本日はグランドスラムを達成。

 今日の感じからすると、シコイワシの群れが日ごと海岸近くに寄ってきているようなので、今後、サバやワカシなどの回遊魚が接岸する可能性が高い。

 キスは相変わらず絶好調が続いているが、流れのゆるい間は遠投が有利。

 潮が流れだせば、近くでも良型が釣れる。

 シロギスの投げ釣りを楽しむなら今がよい。近年にない釣れっぷりをぜひ味わっていただきたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。