相模湾は相変わらずキハダが好調

facebooktwittergoogle_plus

相模湾のキハダは相変わらず好調です。

今日は、クラブのメンバーが31キログラムと41キログラムをキャッチしました。

ぼくは、船を見送った後、いったん家に帰り、10時ごろから真鶴半島へイシダイ釣りに出かけました。

中学~高校生の頃、本当によく通った地磯です。

予報に反して海はベタナギ。

ヤドカリエサで、90メートル先を狙いますが、気配は今一つ。

やがて、予報通り、雨が降り出し、南西風が北東風に変わった。

雨が降り出し、30℃近くあった気温が、一気に23℃まで低下。

雨具も持たずに出かけた僕は、ずぶ濡れ。が、それもまた心地よい。

午後1時過ぎには波が磯に襲いかかるようになった。

 

まあ、半日楽しんだので、満足して撤収。

のんびりと竿を出せることは、本当に幸せなことですね。

 

今、我が家の額ほどの庭には、こんな花たちが咲いています。

そして、花こそ咲いていませんが、相変わらずコイツも元気です。

いよいよ秋雨前線ってところでしょうか。

今の季節は、雨の日も趣があっていいですね。

そういえば、芦ノ湖のバスも好調です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。