相模湾のタチウオ

facebooktwittergoogle_plus

本来であれば、今日は相模湾の“シイラ釣り”の予定だったのですが、おとといから北東風が強く釣況がイマイチだったため、急きょ、タチウオ釣りに変更。

釣り場は、ナント、我が家の正面沖500メートルぐらいのところ。

そこに小田原や平塚からの釣り船が終結し、タチウオ釣りに精を出していました。

写真の2船は小田原漁港の釣り船で、右奥に見える「おおもり丸」が最初にタチウオの群れを発見し、以後、多くの船が集まるようになったのです。

水深は20~50メートルほどで、どの乗合船も、エサ釣り、ルアー釣りの両方が楽しめます。

サイズは、3本程度から5本サイズまで。

ルアー、エサともにうまく攻めれば20~30本程度釣れているようです。

ただし、そんなに甘くはありません。

坊主の人だって、ちゃ~んといますから。

 

行く人は、気合を入れて、真剣に挑んでみてください。

釣りはとっても面白いですよ。

 

シイラの方は、陽気がよくなればまた釣れだすこととおもわれます。

もちろん、キハダまだまだチャンスがあります……というより、これからが本番! といってもよいでしょう。

そうそう、タチウオ釣りの外道にサバが釣れたので、今日は久しぶりに〆サバを作ることにいたします。

それと、タチウオの塩焼き、と、先日仲間が釣ったキハダの刺身……、自然に感謝!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。