真夜中の帰宅

facebooktwittergoogle_plus

北九州空港発11:10分のスカイマークが出発したのは、結局11:30過ぎ。

当前羽田着も遅れて、午前1時過ぎとなってしまいました。

それから荷物を受け取り、空港を出たのが1:30分。

しかも、空港内はほとんど閉鎖されていて、駐車場へ行くにも、外を歩かなければならない始末。

こりゃあもう、雨だったらたまりませんね。

飛行機が飛んでいながら空港がほぼクローズしている状態というのは、実に奇妙な状態。

ほぼ満員だった乗客たちは、それぞれどんなおもいだったのか興味深いところです。

 

さて、昨日まで行っていた山口県の日本海側の写真を数点観てください。

↓ この釣り場へ行くために、

 

↓ カメラマンも編集者もこんなところを下らねばなりません。高所恐怖症の人は絶対にムリですね。

↓ しかも、途中の道はこんな藪。枝に引っかかりながらの行軍を強いられます。

いやはや、お付き合いいただいたカメラマンや編集者には感謝です。

何せ、こんな行軍を1日に2回ずつ。

もちろん他の釣り場へも、バンバン出掛けました。

 

日本海側の海岸で目に付くのは、韓国あたりからの漂流物。こんな光景を目にすると、やっぱり韓国って近いんだなぁ、とつくづくおもいます。もっともっと友好関係が深まるといいのになぁ、と、単純なぼくなどは考えてしまいます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。