絶好調の相模湾

facebooktwittergoogle_plus

いやはや、相模湾のキハダが絶好調のようですねぇ。
今や、20キロは当たり前。30キロ超えがキャッチされるのも時間の問題でしょう。
ぼくも、行きたくて行きたくてウズウズしています。
今週、何とかして出かけたいとおもっています。

今は、トップウォータープラグでのヒットが圧倒的ですから、キャスティング用のヘビータックルがおすすめです。
ロッドは、『ソルティガGT』クラス。
リールは、『ソルティガ6500』。
ラインは、PE4号以上。
ショックリーダーは、フロロカーボン80ポンド。

でっかいキハダを捕るには、それなりの準備が必要ってことです。
沖縄のキハダと相模湾のキハダを比べると、相模湾のキハダの方が太っている分だけよく引くようです。だからこそ、それなりのタックルが必要ってことですね。

ぼくは、今日から石川県に向かいます。
明日、能登半島でポッパークロダイに挑むためです。
それもまた楽しみ……。

やりたいことが山積みで困ってしまいます。
伊豆半島のヒラスズキも相変わらず釣れ続いているようですしねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。