八幡山

facebooktwittergoogle_plus

ぼくが通っていた小田原高校は、小田原駅の裏山にあります。

高校の裏手には、慰霊塔があって、花見のシーズンには大勢の人が繰り出します。

高校生時代には、その慰霊塔の脇を通り、ミカン山の中を冬場のトレーニングでよく走ったものです。

そんなことをフト思い出し、今日はここからウォーキングをスタートすることにしました。

よく整備された慰霊塔の敷地に立つと、木々の隙間から相模湾が望めます。

背後は↓こんな感じです。

かつて土の道だったあたりも舗装され、ミカン畑も随分少なくなってしまったようです。

 

かつて、一時を小田原で過ごした北原白秋にちなんで、こんな看板が目に付きました。

そして、ところどころに……、

なかなか歩いていて飽きない道でした。

その白秋お気に入りの景色が、ここからの眺めだったようです。

ぼくの目はついついい海に向いてしまいますが、左方向に丹沢山、さらに左方向には箱根山を望むことができます。

なにより、透明感のある空気を感じました。

季節の花も……、

(今日の写真は全て携帯電話で撮ったものですが、だいぶマシな写真が撮れるようになったものですね)

 

歩き始めてあっという間に2時間が経過。

いったん帰宅し、これから夜の海へ、ビールの肴、刺身の仕入れ(!)に出掛けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。