工房大掃除

facebooktwittergoogle_plus

3日前から、自宅に隣接する工房(釣り小屋)の大掃除をしている。

何となく天気が悪く、釣りの予定が次々と延期になってしまったからだ。

数ヶ月前にも、片づけ始めたものの忙しくなり、しっかり片付けきれずほったらかしになっていた……、そんな中途半端な状態が気になってもいたのだ。

中途半端な状態で放っておくと、さらにごちゃごちゃになる! ってこともはっきり分かった。

何事も、中途半端はよくないってこと。

<整理整頓のコツは大胆に捨てることである>ってなことも分かっているつもりなのだけれど、<最も難しいのが捨てることである>のもれっきとした事実。

捨てずに残しておいたものが大活躍! なんてこともたまにはあるしね。

まっ、ともあれ大掃除。これがまた結構面白い。何たって、<遊び小屋>の整理ですから……。

疲れたら、本を読む。

雨の日の釣り師は、道具の整理か、仕掛け作りか、読書……。

今読んでいるのは、小田淳さんの『妖し釣』(叢文社刊)。

(これは、本のトビラに記された著書ご本人のサインです)

小田淳さんは小田原市内在住の作家。

1975年(昭和50年)に発表された『岩魚』から読ませていただいています。

 

さてさて、今日も雨。

昨夜のうちに、「もしも明日の雨が小降りなら……」、と釣りへ行く準備を整えていたのですが、かなり降っていたため、またしても工房に籠ることにいたします。

午後にはうねりが出る予報なので、うねりが出たらルアータックルを携え様子見に出掛けるつもりです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。