シイラ用ルアー

facebooktwittergoogle_plus

下の写真は、昨日のシイラ釣り大会で使用したルアーたち。

帰宅後、水洗いして乾燥させたところです(フックが錆びないように)。

左列は、セイカイコレクションのルアー。

上段から、「縮尺1/2PEN」(しゅくしゃく2分の1ペン、と読む)、「ムラムラ小POP」(ムラムラコップ)、下段も同じルアーで、ブレードを付けた状態。

「縮尺1/2PEN」は基本ルアーの一つ。

大型シイラにも十分対応できる大きなフック(ST46-#1または#1/0)がそう着できて、抜群の飛距離が武器になる。

回遊魚には、ブルー系とピンク系がおすすめ。

「ムラムラ小POP」もまた、基本ルアーの一つになりつつある。このルアーは、小粒ながら激しいポップ音を出せるのが武器。深く潜ったシイラや、遠くのシイラを引き寄せたり、やる気の乏しいシイラの活性を高める際に使用する。

ポッピングの際のテイリングを避けるためもあり、テイルフック1本(#1または#1/0)か、テイルのブレードを付け、ボディにフックを1本付けるという使い方も効果がある。

このルアーも小粒ながら驚くほどよく飛ぶ。

 

右側は、ダイワのルアー。

上段から、「TDソルトペンシル」、「ドラドジャーク」、「オーバーゼアー」(3番目と4番目)。

「TDソルトペンシル」のまたの名は、「エサ」。フィッシュイーターならこのルアーで釣れない魚はない、と思っている。シイラが水面で捕食するようになったら、主力ルアーは、コレ。

「ドラドジャーク」は、いわゆるジャークベイト。水面に出てこない、水中を泳ぐシイラを食わせるには抜群。ウロウロしているシイラには、迷わずこれをぶつける。

「オーバーゼアー」は、比重が大きいため、飛距離が出て、早く沈む。ただし、みなが沈むルアーばかり使っていると、せっかく浮いているシイラも沈んでしまうため、注意が必要だ。ただし、水面にシイラが見当たらない場合などは、この手のルアーをじっくり沈めて誘うのがよい。

 

使用したタックルは、

ロッド:ソルティガドラド60SX2本、ソルティガドラド71S

リール:ソルティガ3500、イグジスト3012H、セルテート3012H

ライン:PE1・2号と1・5号。

ショックリーダー:30~50ポンドテスト

でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。