トップでワラサ

facebooktwittergoogle_plus

 小田原漁港の『弘美丸』に乗って、午後出船。


 目指すは南沖。


 現場に到着してみると、いきなりこんな感じでワラサのボイルが始まった。



 あちこちにトリヤマが立ち、その下でワラサが跳ねる。


 船長には「村越さん小さめのルアーがいいんじゃない」っていわれていたものの、ここはひとつ、試しに発売直前の『トップスケーター』17㎝をキャストしてみる。



 と、すぐにヒット。


 ところが、フッキングが悪かったのか、ファイト中にフックアウト。


 で、すぐにキャストすると、またまたヒット。


 今度はうまくネットに収まった。



 小振り(船頭さんの弁)のワラサ。5キロってところだろうか。


 なんでも、ヒットしてくるアベレージは、7~8キロ級だとのこと。


 それでもまあ、大きめのトップウォータープラグで釣れたのだから、満足。


 次は、テストを兼ねて、『トップスケーター』14・5㎝を試してみる。


 これは、20㎝と17㎝を発売した後、シイラ用として7月ごろ発売する予定。



(真ん中が『トップスケーター』。左は『ムラムラ小POP』、右は『縮尺1/2PEN』)


 このルアーにもすぐにヒットがあったものの、雑なファイトをしている間に、フックアウト。残念。


 その後も夕方まで、ボイル多数。


 そして、ボチボチながらヒットもある。



(『ドラドスラーダー』ヒラマサチューンの14㎝も活躍。おそらく18㎝でもいけるハズ)


 


 魚影はすこぶる濃いようなので、しばらくは楽しめそうだ。


 


 でっかいトップウォータープラグでドカンとワラサ。いかがでしょう。


 ちなみにラインは、良質のPE3号。ショックリーダーは、フロロカーボン50Lbテスト。


 


 明日からぼくは、八丈島へ出掛け、ジギングでカンパチと戦ってきます。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。