相模湾の夏

facebooktwittergoogle_plus

 

相模湾のキハダ、キメジ(キハダの小型)、カツオ、シイラなどがいよいよ本格的に釣れ始めました。

トップの写真は、『縮尺2/3PEN』に飛び出した推定4キロのキメジ。

フックは、前後ともにオーナー社ST55-3/0サイズのトレブル。

このルアーはとにかくよく飛ぶので、飛距離が必要となるシーンでは絶大なる威力を発揮してくれます。

 

2番目の写真は、『トップスケーター』。

このルアーの得意技は、水面でのドッグウォーキング。

トップゥーターで釣るキハダやシイラには威力満点。

ぜひお試しいください。

 

そして現場で見かけるのが、メインラインとショックリーダーとの不完全な接続。

素手での作業に自信のない人は、器械を使ったPRノットが安心。

写真は、ぼくとファジー㈱が作り出したリーダー結び器

何度も練習をして、完璧に使いこなせば、完璧なつなぎが出来上がる。

肝心なのは、器械を使いこなすことです。

 ぼく自身も愛用者で、もはやこれなしで現場へ行くことはできない。

ともあれ準備を整え、釣り場に出てみていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。