北、日中南

facebooktwittergoogle_plus

 朝のうちは北東の風がソヨソヨ吹き、日中になると南西の風がやや強めに吹く。

 これが、穏やかな夏の海の風パターン。

 今日も午後から南西の風が吹いた。

 夕方も同じ風が続いていたが、海はご覧の通り穏やか。

 おそらく暗くなるころには北東風に変わり、日中、南西の風が吹きだすまでは静かな海となるのだろう。

 明日は、未明に家を出て、チョイ投げでキスを釣る予定。

 そして、お盆を過ぎれば夕方の芦ノ湖へ出掛ける機会が増えてくるに違いない。

 夕方の芦ノ湖は小田原市内に比べて気温が5~7度も低く、過ごしやすいことこの上ない。

 水辺にウエーディングして、トップゥータープラグでブラックバスを狙う。

 背後の山に響くヒグラシの鳴き声を聞くのも楽しみだ。

 

 相模湾のキハダも好調に釣れている。大型狙いなら、ルアーフィッシングがおすすめ。

 加えて、カツオやキメジも絶好調の模様。こちらはコマセ釣りで安定した釣果があがっている。

 コマセ船に便乗し、ミヨシからメタルジグで狙うのもヨシ!

 そのパターンなら、「エビング」が欠かせない。

 メタルジグで狙うより、エサで狙うより、とりわけキメジは反応がよい。しかも、「エビング」でなら、大型のキハダも同時に狙える。ヒット率もきわめて高いので、タックルはカツオ用ではなく、キハダ対応としておくべきだ。

 さらに、LTルアーでカマスやタチウオも好調のようだ。

 しかも、時には1キロオーバーのドラゴン級(大型タチウオ)も交じるようなので魅力満点。

 釣り物多彩。

 何を選んで出掛けるか。

 贅沢な悩みである。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。