『エビング』好調

facebooktwittergoogle_plus

相模湾のカツオ・キメジ船では、相変わらず『エビング』でキメジやキハダが好調にヒットしている。

そこで、よくある質問の一つにお答えしておく。

質問は、

「使用しているジギングロッドの負荷ウエイトが100グラム程度までなんですが、150グラムとか200グラムのエビング仕掛けを使って大丈夫なのでしょうか?」

というもの。

答えは、

「全く問題ありません。釣ろうとしている魚の大きさを考えたら、ジグの重さなんて取るにならない重さですよねぇ。ロッドに表記された負荷ウエイトは、その重さまでのメタルジグを勢いよくしゃくれて、扱いやすいウエイトであると考えたらよいでしょう」

となる。

現場へ行ってみればよく分かることだが、コマセ船に便乗すると、重いメタルジグで一気に沈めないと、エサ釣りの方々に迷惑がかかるケースが少なくないのである。

従って、コマセ船に便乗して『エビング』を行う場合は、できるだけ重いメタルジグの付いた『エビング』仕掛けを使用するよう、おすすめしているのである。

連日、局地的に豪雨と雷に襲われている。

雨は濡れれば済むが、雷に関しては、そうはいかない。

釣り場で雷が鳴り出したら、即撤退するか、通過するまで待機することである。

今日は、都内で開かれる釣り人の会に参加して、明日は、久しぶりに東京湾のタチウオ釣りに挑むことになっている。

只今、ベイジギングから一歩進んだタチウオ釣りを模索中である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。