釣り業界の不景気って本当?

facebooktwittergoogle_plus

地磯の釣りは、狙った場所に入れるかどうかが第一の関門である。

どこかの統計によれば、釣り人の数は減少傾向にある、とのことだが、本当なのだろうか。

地磯や堤防は、昨日も今日も、人人人。

あっちにもこっちにも、釣り人が溢れていた。

当然、目指した釣り場には入れず終い。

キャスティズムの可能性を探るべく出掛けてみたが、本命場に入れず不本意な釣果となった。

こころを癒してくれたのは、きれいな朝日。

朝日の右に見えるのは、利島で、ポツンとあるのがウド根、そしてその右が新島。水平線の左端に見えるのは、大島。

 

カワハギ釣りは、キタマクラの猛攻、カサゴ狙いは、ウツボの猛攻。

とくにウツボは、年々増えているような気がする。

 

ウツボといえば、下田駅前にこんな看板を見つけた。

ウツボのから揚げって、美味しいのかなぁ。

 

それにしても、このところ夜と日中の寒暖の差が激しすぎるので、釣りへ出掛ける際の服装選びに四苦八苦してしまう。

昨日も今日も、日中は暑かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。