相模湾にて、の~んびり釣り

facebooktwittergoogle_plus

 友人のモーターボートで相模湾に繰り出した。

 まず、サビキでカタクチイワシを釣り、それをエサにヒラメやマゴチを釣るという作戦である。

カタクチイワシは簡単に釣れた。

途中、サバが寄って、サビキ仕掛けにどんどん掛かってくる。

マサバとゴマサバ。どちらも驚くほど大きい。

もちろん、メタルジグでも好調に釣れる。

そして、カタクチイワシのエサに、大きなマゴチが掛かってきた。

しかも、ハリ掛かりしたマゴチの後ろにもう1尾マゴチが付いてきた。

そしてぼくには、シーバス。

と、

マゴチ。

朝こそ寒かったものの日中は暖かな好天に恵まれた。

 

ところで、帰りに江の島の横を通ると、裏磯で連絡船を待つ人の列が目に入った。

何かイベントでもあったのかもしれない。

 

そういえば西湘界隈の海岸でもサバが釣れ始めている。

釣り方は、メタルジグのキャスティング。

メタルジグ(写真は『ムラジグV』)のウエイトは、30~40グラム程度。

サバのサイズは、とにかく大きい。釣れるのは、ゴマサバとマサバ。

これは高校の先輩が釣りあげた大サバ。

日に日に釣果が安定してくるに違いない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。