「エビング」詳細

facebooktwittergoogle_plus

先日の『ザ・フィッシング』にて、ぼくは『エビング』でブリを釣りました。

で、何を揃えてどうやったらよいのか? という問い合わせが多く寄せられているので、少々説明をしておきます。

Q:エビングはどんなときに威力を発揮するのか→

A:魚群探知機に反応があるものの、メタルジグやエサではなかなか釣れない状態のとき。たとえば、一流し目はメタルジグでも反応があるものの、2流し目となればカンパチやヒラマサはなかなか反応してくれなくなる。そんな時に威力を発揮するのがエビング。ルアーフィッシャーマンとしては、まずメタルジグで挑み、スレて手に負えなくなったらエビングで仕留める、といった考え方がスマートでしょう。それぐらい、エビングは釣れてしまう釣り方なのです。

Q:ロッドはなにを使ったらよいか→

A:ジギングのようにファストリトリーブで挑むなら、ジギング用のショートロッド(6フィート台)がよいでしょう。スロージャークで挑むなら、7フィート6インチぐらいのキャスティングロッドが適しています。先日の放送で使用していたのは、『ソルティガ・キャスティングブルーバッカー77S』。ちなみにマグロ狙いの際は、すでに廃番となっている『MURAMURA76』を使用しています。

Q:仕掛けは→

A:セイカイコレクションより、直線テンビンとメタルジグがセットになった『エビングセット』が発売されているので、それを使用していただければ間違いない。メタルジグのウエイトは、200グラムがおすすめ。

直線テンビンにスプリットリング(付属しいていません)でメタルジグをセットし、テンビンの先に同じくセイカイコレクションより発売されている『エビング仕掛け』(フックサイズ2/0、ハリスリーダー20号がオススメ)を結び、ダイワの『DRスティック』をチョン掛けにすれば準備完了。

しゃくり方は、番組でやっていた通り(番組ではスロージャークでした)。

見逃した方は、幾度か番組で放送したので、過去の映像を探して参考にしていただきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。