エビングでキハダ好調

facebooktwittergoogle_plus

またまた相模湾に浮かび、「エビング」でキハダを狙ってきました。

チャンスが訪れたのは、終了時刻1時間前。

70メートル沈めたエビング仕掛けをしゃくってくると、55メートルでゴゴッとヒット。

素早く合わせ、ファイトに持ち込むもなかなかの良型らしく、5キロセットのドラグを滑らせ2号ラインを引き出してゆく。

今年のぼくは、強気一点張りと決めていたので、滑るスプールに親指を当て、走るキハダを止めにかかる。

ロッドは激しく曲がり、極限か、と思われたその時、「バッチーン」という破裂音と共に、ラインブレイク。止めすぎたあまり、ラインがリール内で食い込んでしまったらしい。

敗北ではあるが、貴重な経験。実際に、試してみなければ分からないことが沢山あるのです。

この経験で得られたことは、PE2号を使っている限りロッド(ベイジギングXXHB)は折れない(おそらく)という自信と、手に残った、PE2号が張り切れる際の感触。

魚がヒットした際、だいじに取るか、何かを試すかは、常に悩むところ。

取材時に試すわけにはゆかないため、プライベート釣行時に試すことになるのだが、多くの釣り人の前での失敗は、できれば避けたい。が、しかし、今日は乗り合い船の船上で、派手なラインブレイクを演じてしまった。

まだまだ修行が足りない。

 

家に帰りパソコンを開くと、クラブのメンバーより釣果写真が届いていた。

「エビング」での初釣果、8・5キロのキメジ。

P8250705

「初釣果に足が震えました」とのコメント付き。

 

ともあれ、現在「エビング」が好調であるのは間違いない。

そういえば昨日は、「ザ・フィッシング」のYディレクターが、やはり「エビング」で33・5キロのキハダを釣りあげている。

「エビングでキハダ好調」への1件のフィードバック

  1. 今晩は~
    ラインブレイクは、残念ですね~敗北から教訓を得られ次に繋げる事ができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。