釣果写真

facebooktwittergoogle_plus

クラブのメンバー(橋口君)より送られてきた、昨日の釣果。

myphoto33_0_ff39d70a6e2680a5

「朝イチ、エビングでキャッチしたキメジ(小型のキハダ)です。」

 

相模湾では連日、キハダ、キメジ、カツオたちと釣り人との熱い戦いが繰り広げられている。

釣り方は、ルアーフィッシング、エビング、コマセ釣り(オキアミエサ)、ライブベイト(生きイワシのフカセ釣り)が主。

例年なら、6~7月がルアーフィッシングの盛期。8月に入りコマセ釣りが解禁になると、キャスティング主体のルアーフィッシングはチャンスが減り、コマセ釣り同船のエビングがルアーフィッシングの主流となる。

今年は……、全ての釣り方が今だ健在。キャスティングも、エビングも、コマセ釣りも、ライブベイトも、キハダをキャッチするチャンスは十分ある。

シーズン終盤の魅力は、40キロ以上の大型がヒットする確率が高いこと。

夢と現実の狭間にある相模湾のキハダ釣り。今を逃せば、また来年の「夏」までおあずけとなってしまう。冷静に考えてみれば、目の前に転がっている大きな大きなチャンスではないだろうか……。

「釣果写真」への1件のフィードバック

  1. 今晩は~
    相変わらずの人気ぶりですね~大型は、太公望の夢ですね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。