スロージギング

facebooktwittergoogle_plus

昨日は平塚『庄三郎丸』のメダイ乗合にて、スロージギングを敢行。

2週間ほど前から潮が濁り、クロムツやらスミヤキやらが釣れているとのことであった。

ところが、前日より若干濁りが薄くなり、近場の、瀬の海での釣果が芳しくなくなったため、三浦半島西側に広がる亀城根へ向かう。

40分ほど走って到着すると、こんな感じで小さな船団が形成されていた。

P3060402

 

水深は、150~160メートル。

始めてみると、サバがチラホラ。

エサ釣りでは本命のメダイがあがっている。

P3060407

しばし流した後、水深200メートル位へ移動。

すると、ルアー釣りでもエサ釣りでも本命魚の一つ、スミヤキが当たるようになった。

P3060409

使用するジグは、メインラインがPE1~2号で200グラム程度。

メインラインがPE0・6号のぼくは、主に140~150グラムを使用した。

タックルは、ロッド、リール共にベイジギング用。

この日メタルジグで釣れたのはサバとスミヤキのみであったが、別船では、ルアーでキンメが好調に釣れていた。

今後、相模湾でも、手軽に挑める深場のルアーフィッシングが定着するかもしれない。

ライトなタックルで挑みさえすれば、ルアーフィッシングでもエサ釣りでも、深場釣りは意外なほどお手軽なのである。

「スロージギング」への3件のフィードバック

  1. 海の深さと同じく、釣りも奥深いですね~
    お疲れ様です。

  2. おはようございます〜

    去年はじめてのスロージギングをやりましたがノーフィッシュで終わりました。
    こちらは浅く80メーターくらいでやります。
    真鯛、青物、鱸と楽しめます。

  3. こんにちは~
    名前様に炭焼きの黒ですね~地域に珍重されている魚ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。