タチウオには『ムラジグ』90グラム

facebooktwittergoogle_plus

日曜日に瀬戸内海でタチウオ釣りをしたことはすでに書いた。

そこで今回は、タチウオ釣りに効果抜群の『ムラジグ』90グラムの使い方を紹介する。

DSC_1097

おすすめカラーは、以下の通り。

DSC_1089

上から、黒金、赤金、オールパープル、緑金。

定番中の定番は、赤金と緑金。このカラーはどこへ行っても釣果が安定している。

そしてもう一つ、これもまた鉄板カラー。

DSC_1092

写真ではちょっと見づらいが、左が銀で、右が金。半面がシルバーで反対面がゴールドということ。カラーの呼び名は、「ハーフ&ハーフ」の金銀。「ハーフ&ハーフ」は他に桃紫というカラーリングも存在する。

現場でルアーのカラーを選ぶ際、シルバーベースかゴールドベースかは常に迷うところ。その点、このカラーなら迷うことはない。

フックパターンは、トレブルフック1本のみがぼくのスタイル。

DSC_1099

トレブルフックのサイズは、2番、3番、4番。

交換式にしておき、針先が鈍ったらどんどん交換してゆくようにしている。写真のフックはバーブ付きだが、使用する際はバーブを潰す。もちろん、バーブレスフックならなおよい。

ちなみに各パーツはこんな感じ。

DSC_1103

左上のフックドスナップは、2号。

スプリットリングは、3番。

パワースイベルは、5号。

最近は、スピニングタックルで『ムラジグ』60グラムを使用するケースも多い。

しゃくり方は、ショートピッチジャークが基本。

できるだけ小刻みにしゃくるのがコツだ。

そして最近は、あたかもタイラバのようなノーアクションのスローリトリーブも効果を上げている。

ルアーフィッシングとしてはやや退屈な釣りになってしまうが、なかなか食ってこない際には間違いなく効果がある。

ルアーのアクションに困ったら、一度試してみていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。