狩野川シーバス

facebooktwittergoogle_plus

台風前の降雨に誘われて、というわけではないのだが、クラブの月例会で狩野川へ出掛けた。

グッドタイミングで雨が降り出していたため、さぞやよい釣果が上がるだろうと期待していたのだが、まさかまさかのノーキャッチ。

いや、釣れるには釣れたのだが、参加者全員で、40センチのシーバス、45センチのウグイ、そして堂々4・5キロのコイという内容。ほぼ完全ボウズにと言ってよい。

(↑ ぼくの釣果はこのウグイのみ。『TDポッパー』に飛びついてきた。)

(↑ 最大魚は、譲原氏の釣った4・5キロのコイ。フローティングミノーにバイトしてきた。)

川水が徐々に濁り始めると、いよいよシーバスのボイルが始まるのではないか、と期待していたのだが、午後6時から11時までの間、ただの一度もボイルは確認できず。

その後も雨は降り続いているので、雨が止んだあと、増水した川が徐々に元に戻り始める頃がチャンスかもしれない。

相変わらず、シーバスはそうやすやすと軍門には下ってこない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。