2017年の釣り

facebooktwittergoogle_plus

今日のカワハギ釣りで、2017年の釣りは終了です。

自分の中では、年々、一つ一つの釣りの中身が濃くなっているように感じます。徐々に、シンプルにシンプルに……。

果たしてこれは、進化なのだろうか衰退なのだろうか、ここ数年考え続けていることですが、答えは見つかりません。もちろん、自分としては、進化しているつもり、です。

昨日は小網代の「丸十丸」にて3艘だてのカワハギ釣り会でした。毎年恒例となった「忘年カワハギ釣り会」。

しかも今年は同じ日に、ダイワ社員たちのカワハギ仕立てが「丸十丸」に入っていて、しばし海上で並んで釣りをするという展開になりました。

(ダイワの仕立て船です)

今日は、茅ケ崎港で開催されたカワハギ釣り会。ダイワのカワハギ釣り名人、宮澤幸則さん主催の忘年釣り会で、一昨年から参加させていただいています。

(エボシ岩の奥に富士山とくれば、「ザ・湘南」ってな感じでしょうか)

ぼくの釣果は、まさかまさかの1尾。釣りの内容には納得しているのですが、さすがに1尾は寂しすぎました。

収穫は色々あったのですが、その中の一つが、ニシキハゼの写真を撮れたこと。

今年は、真鶴半島の磯で、貴重なタコベラの写真も撮れました。

というわけで、2017年も残すところ、今夜と明日のみ。

来年が皆様にとってよい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。