沖磯カワハギ

facebooktwittergoogle_plus

本日、西伊豆にてキャスティズム取材。
場所は、雲見の沖磯。渡船は、佐市丸さん。この船長がニコニコ顔でやさしい。お気に入りの船宿さんのひとつです。
対象魚は、カワハギ。
足元を中心に、アサリ、カニ、岩イソメ、アオイソメ等で狙いましたが、一番よかったのはアサリ。
もっとも、オキアミコマセを使ったメジナ釣りのひとによれば、コマセにいっぱいカワハギが寄っていたとのこと。
オキアミを撒いて、オキアミエサで釣るのが最も手っ取り早いのかもしれません。
ぼくの釣果は、最大28センチで、数もボチボチ。
詳細は、5月発売の『堤防投げ磯』(旧『陸っぱりつり情報』)をご覧下さい。
当日の水温は、19度台。そろそろイシダイのシーズン到来ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。